2009年07月07日

ヒッキ

今更宇多田ヒカルさんの魅力に気がつきました

作業BGMにヘビーローテーション。
THEIsleyBrothersとEricベネイ(スペル忘れ)とりんごたんとひかるたん

上がる!

しかし
ねなくては…
posted by sioux at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽すきです | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

Michael Jackson

朝一番のニュースで知りました。


いまだに信じられません。

私はだれでも知っている程度にしかMJを知らないし、自分ではそんなフアンだとも思ってませんでした。
なのに、なんでこんなに受け入れられないのかしら?


高校時代から一気に、ソウルやR&Bにのめり込み、それらに親しむ中で絶対必ずどこかしらにいたマイケル。
友達の中で熱狂的なファンが何人もいた。好きすぎて、あだ名がマイコーって子までいた。カラオケいったら絶対マイケルとジャネット歌う子もいた。
私も一緒に練習したけどかなり無理が…(^ω^;)



アリーヤやフェイスエバンスやリルキムやフォクシーブラウンやDr.DREや2PACやスヌープやキーススウェットやアルーアやジェイドやSWVやSoul4Realはわからなくても、マイケルなら、みんなしってる。

そんなイロイロの音楽の真ん中で、全体で、ベースラインが、Michael Jackson。

ほんとに、King of popだ。


もう歴史になってしまうなんて、ほんとに信じられない。


私まだ、ムーンウォークできないよ!!
マイコー!
posted by sioux at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽すきです | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

最近好きすぎる

しょこたん!!!
中川翔子さんがもー可愛くて可愛くて可愛くて可愛くて可愛いんです。

唐突にお久しぶりです。
なんであんなにかわいいんだろうしょこたん…エッセンシャルのコマーシャルの表情に心拍数上がりまくりです。

しばらく前から好きになり、辛抱たまらずしょこれみかんぬを買ったら、五・六年前に菅野美穂さんにどっぷりはまっていたときよりも好きになっちまいました。

彼女のブログで見る自分撮りアングルの輪郭と眼の形のバランスが非常に美しいと感じます。私の絵を見りゃ解るかと思いますけど。(笑)
ネイルやメイクの趣味や服装も本人にとても似合っていて好きです。挙動不振で変態趣味でオタクっぷりを隠さないところも(※全て本人がかわいいからです。)

そんな中川翔子さんが、最近がつがつ雑誌グラビアとか表紙とかに出ていてうれしいです。心のえいよう…美しいものはいい。

そして、しょこたん語というのはのりぴー語以来ではないか。ヤッピーとかマンモスウレピーとか言わないもんな…。
あのキャラを越えてステキな歌手&タレントとして羽ばたいて欲しいですねー。

20日の1stコンサート行きたいなああ…
posted by sioux at 02:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽すきです | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

classics:

近ごろ仕事中のBGMはもっぱらクラシックです。あら優雅。
時間帯によっては眠くて困るのですが、
歌詞に気を取られずに済むので重宝するのです。
私はどうもピアノ曲フェチなようで、はと気づいたら交響楽が全然なくて
オペラとピアノソロばっかり集めてました。
(オペラも伴奏がピアノだけね)

なので趣向を変えてみようと交響楽を探し、こないだ「クラシックスタイル 最新TVCMヒッツ」という、どうしようもないタイトルのコンピレーションアルバムを買ってしまいました。

(そりゃわたくしはミーハーですけど、あの、そこまでではないんです。せいぜい、しょこたんが最近可愛いなあということに気がついたくらいです。)

試聴したら純粋に演奏が素晴らしかったのです。アルバムの名前に「ううッ…」と思いつつ、聴くのは曲だ!と買ってしまいました。


そのアルバムの中に「G線上のアリア(J.S.Bach)」が入っています。

懐かしいのだ。
この曲、私が物心ついて初めて覚えたクラシックの曲名だと思います。
(みんなのうた、とかじゃなくてクラシックね)
4歳か5歳のとき、覚えているのは、晴れた日の昼過ぎに、
父がレコードプレーヤーでこの曲をかけてくれていて、
わたしは小学校入学式だったのかピアノの発表会だったのか、
おめかし用のワンピースのプリーツスカート+白いタイツが嬉しくて、スカートをひらひらさせながら、部屋でくるくると回って踊っていたのです。
部屋は明るくて、G線上のアリアがながれていて、
なんだか

   …平和だ…!!!


…そして今それを聴きながら仕事中の私。
はい、さぼりません。
posted by sioux at 15:24| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽すきです | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

羽毛布団セット・惑星セット

日本人は「惑星」が好きみたい?
(ノリとしてはみんなラッセンが好きみたいな感じですが)
木星は高校の教科書に載っていました。学生の吹奏楽部の演奏でもよく聴いていた気がします。…私も、リコーダーでもよく吹いていた気がします。


i tunes music storeで曲を漁っていたら、
「ホルスト:惑星(冥王星付き)」
というタイトルに笑ってしまいました。

ホルストの惑星セットがオトク!
今なら冥王星もついて驚きのこの値段!
お電話は今すぐ…

って感じで。。。
規模のおおきなテレビショッピング。
posted by sioux at 19:04| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽すきです | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

端唄

奥村チヨさんを最近良く聴いてます。
そのなかでびびびと来た一曲
「深川くずし」
恋シリーズとかよりもずっとずっとうまくって、素敵。
この曲、端唄のカバー曲です。
ほんとは芸者さんがお座敷で三味線弾いてチトシャンやる曲です。
歌詞が、

「丸髷に 結われる身をば 待ちながら
 粋な島田や ホントにソウダワネ、チョイト」

これだけで乙女心が全て表現されていますね。
丸髷というのは昔結婚した女性が結う髪形で、
島田髷は10代始め〜20歳くらいの女性が結うオシャレな髪形です。
深川くずしは実際6番くらいまで歌詞があるんですが、
奥村バージョンは二番きり。
でも十分情緒があって、芸子さんがお座敷で歌う感じがひしひしと感じられます。
(本物を聴いた事ありませんけど。。。)
今は使われない昔の言葉にはひとつのなかに色んな意味があって
だからこそ歌の文化があったんでしょうね。
ちなみにコケティッシュ爆弾というアルバムに入ってます。

というわけで、今端唄に興味津々!
日本舞踊もいいなあ。。。




▼端唄ツナガリでこちら 自分がほしいものBK w
posted by sioux at 21:02| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽すきです | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

秋吉敏子さんのこと

日本の誇るジャズピアニスト、秋吉敏子さんの演奏
こないだ、朝のテレビ番組で初めてききました。

生放送中、クリスマスメドレーを演奏していた彼女。それはもうかっちょええ演奏をね、むっつりとした顔で超真剣に弾いていかにも天才(職人)然、という顔

ところが、曲のテンポがあがってきたってところで突然!
もう、なんという表情をするんでしょう!

ニカ。
 
最近こんな顔みたことあるよ、と思ったらトモダチの妹君(2歳)のニヤニヤ笑い。
小さな可愛い女の子の楽しくて仕方ない!っていう笑顔。
御年70OVERで、この笑顔!
もう、みんなに見せたい。
ニカ って(笑)


好きなんだ、ピアノが、というか、JAZZ が、というか。
なんて素敵な人でしょう。女性云々以前に、素敵な人

少し前は、ストレート過ぎる笑顔や毒のないものに対して大した魅力を感じなかったけど、本当に素敵な笑顔って、好きとか嫌いじゃないんだよ。パワーなのです。最近周りに超すてきな笑顔が印象的な人がどんどん増えてきました。そして気がついた。だだの笑顔から、こんなにもいろんなものが滲み出る。

あーんな顔みてたらこっちまで

ニカ って(笑)

なりながら、朝家をでたのでした。

そうです、とくダネです(笑)マンデイ満ちるのお母様だったとは知りませんでした。ひとつ利口になりました。

それにしても、1に笑顔、2に健康だなんて…小学校のクラスの目標みたいだわ。そして、ワンピースのニコロビンの話を思いだしたオタクな私。シシシ!

さて、本日イラスト第一段をアップいたしました。今月中にあと二度ほど、アップする予定です。乞ご期待★

Technorati Tags:

posted by sioux at 18:41| 東京 ☁| Comment(0) | 音楽すきです | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

YOUNG FOLKS★PETER BJORN AND JOHN

口笛LOVERのみなさん
お元気ですか
スーコです

KILL BILLのサントラ、[Twisted Nerve] がとまらないそこのアナタ!(ダリル・ハンナの登場シーンで彼女が軽快に吹いてる口笛ソング)今こそこの曲を。



なんといい口笛であることか。曲も耳に残りますね。
しかも、グループ名も、3人の名前をとってシンプルに
ピーター ビヨーン アンド ジョン。
ピーター ビョーン アンド ジョン。

ピーターとジョンはいいとして、ビョーン!飛ぶのかコケるのか、なんて可愛い名前なんだ…!
この素朴なとんちんかんさ加減がほんとうにいいです。

日本リリースは12月半ばとのことで、オンエアでしか聞けないと思っておりましたら、なんとありがたやYouTube。
素敵。
クリップは好き好きでしょうから曲だけでも。(私はこの動きが微妙に苦手であります)



さあ、河原をサイクリングしながらお風呂に入りながら、let's whistle〜〜

今週末は、デザインフェスタです。お暇な方は是非見に来て下さいね。
詳細はinfoから。
posted by sioux at 13:16| 東京 ☁| Comment(0) | 音楽すきです | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

Scissor Sisters Night

先の週末は、ラジオでご招待券の当たった音楽イベント「MTV magic jam」@恵比寿ガーデンホールへいってきました。
勿論、Scissor Sistersを聴きに!
I don't feel like dancingつってんのに邦題「ときめきダンシン」てどういうこと?ま、いっか!ってくらい、ファンキーで明るくてうきうきする楽しい曲です。ちょっと前にTDLでやってたディスコ系イベントを彷彿とさせます。んもーこの曲がラジオでチラっとかかるだけでアガるアガる!
ペア一組ご招待、というのでアキヤンを誘って行って参りましたよ。

このイベントのポイントは「ドレスコード:Halloween」★
カボチャン、魔女、ミイラ、フランケン、妖精、砂かけばば、目玉オヤジ…。
このファンシーホラーなコードにこのアーティストのムードは超ピッタリ〜
こりゃいかねば。

さてスーコ、どんな格好しようか迷いました。でも仮装アイテムなんも持ってませんので、ちょっとゴスメイクのゴスへアースタイルのゴス貴婦人チックにきめて行ってみました。

すると、会場はまー 魔女の帽子ちゃん、小悪魔ちゃん、カボチャン、ドラキュラ伯爵、伯爵令嬢、チャイナちゃん
さまざまにカワイイモンスターが。
勿論、普通の格好でもOKで 普通さんもいました。
普通オシャレさんに、悪魔のツノヘアバンドつけてるだけちゃんとか結構多いのね。それでも十分可愛い★★★

入り口で、パキっと折るとオレンジに発光する腕輪(お祭りなんかで売ってるやつ)もらって、早速装着。
照明のオレンジ・紫・赤色がまたハロウィーン感いっぱいのなかで、みんなでフィーバーするのにベストマッチなアーティスト。
ステージもかわいくて、紅や紫のベルベットカーテンがアーチ状に組まれたパイプにかかり、スクリーンでは可愛いオバケチャンたちがボヨボヨ踊る。ステキナイト!楽しかったです。

こちらでその曲も視聴できますよ。
▼下の方の「フル視聴」からどうぞ▼

惜しむらくはこれが金夜だったら最高だったのにね。ということでした。

Technorati Tags:

posted by sioux at 14:34| 東京 🌁| Comment(5) | 音楽すきです | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

女子音楽情報

立て続けに音楽ネタになってしまいました。珍しく豊作なのです。
夏休みの課題読書感想文ならぬ、聴音/鑑賞PV感想文。


Beyonce Deja Vu▼/PV
サブタイトル「ビヨンセ大暴れ」
いくらなんでもそのダンス…。
なんだろう…原始的というか… もう手の届かないところに言っちゃった感が満載というか…
野性味溢れてて、いいけど、正直メがテンになりました(笑)
ビヨンセはウマイんだけど非常にスポーティで、そこが私には少し味気ないのだ。。。


Christina Aguilera Ain't no other man(だっけ)▼/PV
ずーっとこの曲はいいねえ〜と思ったら、ラジオで1位になっとったね。
(出てすぐから、ブラウザを後ろで開きっぱなしにして仕事してました。BGMがわりに。)
アギはおなじコブシ系のビヨンセに比べると、情があるんだねえ。
歌い上げるってこういう感じ。(まさにソウルだね!)
でも、トロローンなバラードに走ってないところもよい。
しかしこのPV…センスがないのか、色気も洒落気もうまく利いてない。もったいない…。
確かにオールドスタイルな金髪美女女優さんスタイルは似合うけど、ミスマッチ。
ちなみにアギたん、他の曲も聴いたけど、ツボにはまる曲はあんまりありませんでした。


Janet Jackson Feat.NELLY Call On Me▼/PV
サブタイトル「熟女&ツバメの、ヒンドゥコスプレ・大パーティ」
兄ちゃん日増しにヨボヨボになっていくのに、妹はだんだんガタイがよくなってくよ。
新しいジャネット、なんかゆーみんと同じ匂いがする。

彼女を見てこの文章を書くのもアレなんですが、
すごい勢いで何かを成し遂げていく女の人って、大概、ある時点で化物っぽくなる。
若さというフィルターがなくなって、剥き出しになった野心とか情熱とか根性とかが渾然一体となってる感じ。
多分、意志・情熱←→意地とか根性・情熱←→執念とかのバランスが取れてない感じがするっていうか…
そこに「女性らしさ」「色気」ってあんまりかみ合わないんだよね。
ただものすっごいエネルギーは感じますけど。行き過ぎると、取って食われそうでこわいな。
今まで、素晴らしいものを生み出してきてるだけに、なんだか切ないなー。


FergieのLondon Bridge▼/PV
か わいい!三十路とは思われぬこのロリータセクシーボイスはなんだ!どっから出るんだ!
Yukiちゃんですら、最近声が低くなってきたなーと思ってたとこにドーン。
Black eyed peasを聴いてなかったから余計、いいです。
the Fugeesからローリン・ヒルが出てきたときの事を思い出したよ。欧米人のエロカワは体格や雰囲気に合っていて良いと思います。
三十路でツインテールも三十路でボックスプリーツも可愛いからよし!
ピンポイントで「 don't be hating me in the line」のhating me のあたりが可愛いッス…
Ohhh Shi×! 今は、この曲とGwenチャン・mya&アギ&Lil'kim&PINKの無限ループ。
エロカワビッチな才女勢揃いって感じね。


いや、大漁であります。

Technorati Tags:

posted by sioux at 21:16| 東京 ☁| Comment(0) | 音楽すきです | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

ポルッカ

Loituma:Ievan Polkka

さっき、ラジオでやってたのでしらべてみた。
ウィキペディアに、ネギふりまわしてる女の子の絵が載ってた。
どうしてネギなの…?
これは、マイヤヒみたいなもんなのでしょうか。

でも、私はネギよりも普通に彼らが素敵だなーと思ったのでした。
ポンポン言いたい。
あれか、
フィンランドのサーカスか。
posted by sioux at 01:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽すきです | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

愛の賛歌

ああ。
我が母はこれから「愛の賛歌」ですよ…。
いいなあ〜、見たかった舞台です、と言ったら「一緒に行く?」
…なんぼ金曜日でも、仙台17時着は無理です、ははうえ…。

以前、お友達のめぐちゃんにお誘い頂いて、美輪さんの音楽会へ一緒に行ったのが、とてもよかった…という話をしていたら、噂が風にのって、気づいたら我が母上がチケットを入手しておりました。アレレ。(私が、母様にこの話をしてないのが不思議なところw)

一緒くたにしてはいけないと思いますが、宝塚や美輪さんの舞台やジャニーズやディズニーのように固定ファンのできるショウって、すごいエネルギーを持っているものです。
(ジャニーズだけは見たことがありませんが)
あとは、価値観の違いで受け入れられるかどうかの問題。
何かしらの衝撃を受けることは、間違いないといます。
だって人に何かを与えようとして興業してて、そんだけの人が集まってるエンターテイメントなんですもの。その上で、(見た上で)得るものは個人次第なのよね。

自分で見もせずに、噂だけでけなしたり、イメージや固定概念だけで否定することは、悲しいし、勿体ない!
というわけで、イロイロみたい、ききたい、遊びたい(それか)〜
コンサートに関してはチケット入手の問題があるんだけどね…。

母様から、
「今休憩中なんだけど、パンフレット欲しい?」というメールがきました…(笑)

楽しみにしてます。
posted by sioux at 20:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽すきです | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

[EllensGesang3, D839]

大好きな曲
シューベルトのアヴェマリア(EllensGesang3, D 839)

 それはそれは好きで、聞きながら泪がボロリンと出るくらい好き(最近そんなんばっか)で、
 なんて素晴らしい曲だ〜〜こんな乙女旋律作っちゃうくせに、なにあのモミー&ケツアゴ!
 そもそもシューベルトってアタシと同じ誕生日だもの
 アタシたち何か繋がってるんだわーー…ステキ〜…。
(↑つっこみお断り)
まあそんな感じでいろんなとこで 好きだ好きだ、大好きだと吹聴して回っていたその曲実は、

グノーのアヴェマリアというそうです。




この10年間、ちからいっぱい勘違いして参りましたスーコでございます
こんにちは。



でも、これがまた
ちょっと変な勘違いなの
>>>ちょっと聞いて下さい*+;・:*・
posted by sioux at 12:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽すきです | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

Lisa"Left Eye"Lopez

なぜか突然TLCが聞きたくなりまして
(ここのところゴンチチとソフトバレエを交互に聞く毎日)

itmsでなにか買うかな…と思ってグーグル検索してたら、
昨日が、Left eyeの4回忌だったことを知りました。

…偶然かー。


そういえば春でしたね。
2001年にAaliyahが亡くなって、(唐突過ぎたし、ドラマみたいな話で実は未だに信じられないですが)2002年にLisaが亡くなったときは、ほんとうにどうしようかと思った。なぜそんなバタバタと…。
恋人と痴話喧嘩して腹いせに放火するようなDivaは、今後そうは現れないだろうな。


二人ともいるので、PANTHERサントラを聞くことにします。
posted by sioux at 10:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽すきです | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

今夜私はgonna弾力性背部座席の全ての愛だ

あなたは場所をあなた公正な一突き場所を選ぶ
私は私空私を達成する必要がある愛する
天井へ私が愛する場合の
私が愛にあるとき私はこの感じを得る

今夜私はあなたgonnaの弾力性背部座席のすべての私の愛である
電気泡破裂音
Gonna の速度それは背部座席のそれを遅らせ
電気泡破裂音
背部座席のUh-O



これは、Gwen Stefaniのとある歌の歌詞をそのままGoogleページ翻訳にかけたものです。
(ちょっとはしょってますけども)

これはこれで素敵じゃない?
「今夜私はあなたgonnaの弾力性背部座席のすべての私の愛である
電気泡破裂音、Gonna の速度それは背部座席のそれを遅らせ」

漢字の羅列に椎名林檎的言葉遊びの印象があります。
科学・物理的な文字がエモーショナルに入っていると特に雰囲気が出ますね。
意味なぞ解らずともよいのだ。

この曲 今私の中で最も熱い。
posted by sioux at 19:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽すきです | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月14日

1,2サンバ

平素芸能や音楽などのニュースに疎い私が

ひょんなことからみつけたこのサイト


続きを読む
posted by sioux at 16:08| 東京 🌁| Comment(0) | 音楽すきです | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月03日

サンボマスター!

サンボマスターのライブ、2回目です。

@6月2日、渋谷o-westです





サンボのライブと言えば、熱い漢共の熱い叫びとかたい拳と、そしてダイブですよ!

今回も最高でした。鼻水が出ました。この年になってこんな音楽にのめり込むとは思いも寄らなかったけれども。
続きを読む
posted by sioux at 22:27| 東京 🌁| Comment(0) | 音楽すきです | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。